Yusk's UseCase

プログラマの成れの果てTipsBlog

OpenNI/Kinectドライバ/NITEインストール(Mac OS X)

大学のプロジェクトでKinectを使おうとしたところ、インストール作業で10人中10人がハマるという
驚異の結果となったので、自分が成功した方法をメモしておく。



基本的に以下のサイトを参考にした:
OpenNI: MacでKinectを使う

1.MacPortsインストール

The MacPorts Project

2.Terminal.app(アプリケーション>ユーティリティ>ターミナル)起動。

以下の手順のコマンドをコピーして実行していく。

3.libtoolインストール

sudo port install libtool

エラーが発生した場合:

xcode-select -switch /Applications/Xcode.app

参考:xcodebuildにXcodeの場所が変わったことを教える

4.libusbインストール

XcodeでCommand Line Toolsをダウンロード・インストール。
Xcode起動→Preferences→Downloads→Command Line Tools)
参考:MacPortsでport installしようとしたらmakeがないと言われた時の対処法

sudo port clean gdbm
sudo rm -f /opt/local/lib/libusb-1.0.0.dylib
sudo port clean libusb
sudo port install libusb +universal

5.OpenNIインストール

OpenNIをダウンロード(Downloads > OpenNI Modules > OpenNI Binaries > Unstable > MacOSX 10.7 Universal)
http://www.openni.org/downloadfiles/openni-binaries/20-latest-unstable

どこでもいいので「Kinect」ディレクトリを新規作成。
ダウンロードした「OpenNI」ファイルを解凍後、「Kinect」ディレクトリに移動させる。
ターミナルで、上記「OpenNI」ディレクトリまで移動。
(「cd (←スペース)」を先に書いておいて、D&Dすると簡単にいけるよ!)

sudo ./install.sh

6.Kinectドライバのインストール

Kinectドライバをダウンロード(https://github.com/avin2/SensorKinect/tree/master

解凍後、そのディレクトリ(avin2-SensorKinect-*******)を「Kinect」ディレクトリに移動させる。
avin2-SensorKinect-*******の中のBin/Sensor-Bin-MacOSX-v5.1.0.25.tar.bz2を解凍。
解凍したディレクトリ内に入って、

sudo ./install.sh

7.NITEインストール

NITEをダウンロード(Downloads > OpenNI Modules > OpenNI Compliant Middleware Binaries > Unstable > PrimeSense NITE MacOSX 10.7 Universal)
http://www.openni.org/downloadfiles/openni-binaries/20-latest-unstable
ダウンロードした「NITE」ファイルを解凍後、「Kinect」ディレクトリに移動させる。
ターミナルで、上記「NITE」ディレクトリまで移動。

sudo ./install.sh

ちなみにopenFrameworksでKinectを動かすには、以下を参考にした:
ofxOpenNIでKinectを動かしてみる